設立代行費用は0円 会社設立費用198,000円のキャンペーン中!顧問契約など同時契約不要!設立のみでもOK

 

会社設立時の創業融資とは 会社設立もない経営者・事業者のために設けられた融資制度です。

ここでは、創業融資がどんな制度なのか、何故、創業融資を受けたほうがよいのかについてご説明します。

創業融資とは 通常の融資制度は、会社の信用力を審査して融資の可否が決まります。

しかし、会社設立をしたばかりの会社や個人事業主は信用力がない状態でスタートします。

本来であれば、会社の信用力(実績や売上など)を審査して融資の可否を決する金融機関も、会社設立をしたばかりの会社や個人事業主についての審査ができません。

しかし、それでは、創業したばかりの会社や個人事業主は融資を受けることができません。 そこで、国をはじめとした自治体などが創業者向けの融資制度をつくったのです。 それが創業融資になります。

 

会社設立時の創業融資の種類 制度といまして2種類ございます。 ①創業融資には、日本政策金融公庫(政府100%出資の株式会社)がやっております「創業融資制度」

②県や市町村などの自治体が行っております「制度融資」 融資を受けるメリット 創業したばかりの会社や個人は本来融資を受けることは難しいとお話いたしました。

理由は、信用力がないからでした。 では、逆に考えてみますと、融資を受けている=金融機関は信用力があると判断したということになります。 そうなんです。融資を受けているということは、社会的な信用の1つとして扱うことができます。 このようなメリットも実は、融資にはあります。 会社設立時の創業融資がオススメの理由 ここまでのお話で、融資を受けるためには信用力(実績や売上など)が必要ということはご説明いたしました。

しかし、よく考えてみますと、創業したての会社や個人は、これから事業を開始するため、まだ信用力がないということでした。 これが、1年間事業をした後であれば、もしかしたら信用力はついているかもしれません。

しかし、うまくいく会社もあれば、うまくいかない会社もあります。 1年間事業をやってみて、うまくいっている会社であれば融資を受けることは難しくないことが多いです。 しかし、うまくいかない会社のほうが多いのは現実です。 そうなりますと、1年間事業を展開したことに よって、融資を借りることが難しくなってしまうのです。

つまり、創業融資=これから事業を開始するため事業計画で判断される事業を開始した会社(1年、2年経っている会社)=過去の決算書などで判断されるということです。 多くの会社が長い目でみますと金融機関とは付き合うことになります。 そうしますと、事業計画がある程度しっかりとしていますと融資が借りやすくなります。 事業計画のみで融資の可否が決まるわけではありませんが、 実績が良くも悪くも出ていない創業期が、融資を申請する実はベストタイミングの1つなのです。

 

その為、しっかりとした事業計画書も相談の上、高岡税理事務所と共に作成させて頂きます。