設立代行費用は0円 会社設立費用198,000円のキャンペーン中!顧問契約など同時契約不要!設立のみでもOK

 

株式会社とは
 株式会社は、有限責任の範囲内で出資した出資者等によって構成される会社形態です。資本(出資者)と経営(社長)は分離しており、経営者が儲けた利益を出資者に分配するというスタイル(所有と経営の分離)になっています(ちなみに、合同会社の場合、出資者と経営陣は同一人が原則です)。  つまり、有限責任の下で「株主から資金調達」→「経営者が事業を行う」→「儲けた利益を株主に配当する(還元する)」という仕組みになっています。ただし、実際には、中小規模の株式会社の場合、出資者と社長は同一人になっていることが大半です。  従前は、資本金1,000万円の規制など、株式会社を設立するには様々なハードルがありましたが、会社法施行後は柔軟に設立することが可能となりました。以下に株式会社のメリット&デメリットについて解説いたします
 
 
会社設立に必要な書類
 

 株式会社のメリット(長所)は、以下のとおりです。

株主(出資者)は全員「有限責任社員」であり、出資の範囲内において有限責任を負う(これを「間接有限責任」といいます)
取締役会を設置しなければ、1人でも設立可(取締役1人で設立可 → いわゆる「一人会社」もOK)。出資者は個人でも法人でも可。
株式譲渡制限のある会社なら、取締役会の設置は不要
出資金1円以上でもOK (ただし、実際の会社運営には相応の資金が必要)
一般の人からも出資を募ることが可能。また、非公開会社の場合、株式の譲渡制限をつけることも可能(安定株主として固定化できる)。